若者2人

今、私の身近に2人の若者がいる
1人は私の傍らで本人なりに考え社会性と我に折り合いをつけながら
体力の限界とも戦いながら喰らいついています
やり続ければ諦めなければ負けはなく
不器用でも1歩1歩進んでいるのは確実

面倒くさいけど私も2度と嫌だと思っていた共に育つキョウイクというものを
職責に嫌々追加、世間様に恩返しと割り切る

この業界、まずは安全以外は考えるより動き(酷使)
カラダに取り込むのが近道でいらぬ頭を使うとそれが自分に向かってくる
40過ぎてからこの業界に入ったおっさんより有利
将来を担う人材になるでしょう

もう1人は色んな意味で迷走しているようで
なまじ要領が良く人受けがよいので始末が悪い
環境を創る力がなく人に求める
人間力が上がらず依存度が増す
世の中、敵か味方か家族しか存在しない

人生の先輩としては
依存せず逃げず後付の理由で自分以外に責任転換せず
立ち向かうことを喜びに変え認め自分に足りないものをピックアップできる
クールな対応をできるようになってほしいと思う
自分で選んだチャンネル途中リタイアなんてカッコ悪い

人の評価はあくまで人の評価で
自分自身の評価もあくまで自分自身の評価
どちらもたかが知れている

とにかく己の人生、楽しんでほしい
ゴールがもしあるなら道順は1つじゃないから
単純ちゃうしな

楽しめ




[PR]
by huuraiman | 2015-05-27 06:02 | 独り言 | Comments(0)

2007年東京脱出 6年間いろんな地を巡り 2013年念願の北海道に


by 紫夫婦
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31