子猫がやって来ました

嫁です。

猫のあんこの49日も過ぎてしばらくたち、
あんこを恋しく思う気持ちが
新しく小さな家族とのご縁を繋いでくれました。

a0287278_14575318.jpg

「あんこ姉さんの妹のズズです(^^)」
「満3ヶ月です」

「ちょっとガタガタなハチワレが愛嬌たっぷりですてきでしょ?」

a0287278_14583539.jpg


「隙あり・・・」
じっとしている家族のもとに寄っていきます。
まだまだ肌が恋しいんです。
[PR]
by huuraiman | 2015-11-14 15:07 | 家 族

妹夫婦からあんこへ

a0287278_12444493.jpg


妹夫婦からお花が届きました。
あんこが子猫の時に暮らしたお父さんお母さんです。
あんこを愛する人はいっぱいいるよ。
[PR]
by huuraiman | 2015-09-03 12:51

猫のあんこ

a0287278_14402687.jpg


嫁です。

かわいがる一辺倒の関係ではなかっただけに、心が痛みます。
嫌がるオムツ替えに試行錯誤の日々、お互いにいろんな感情の交錯があったり・・・

ダンナはさいごまでよく可愛がってくれました。
夕方にはダンナの帰りを待ち焦がれてよく鳴いてたもんね。
なぜられて一緒にゴロンとしていると、
正体をなくしたフワフワの固まりのように見えました。
ダンナのお休みの日を待ったのかしら。
自らその選択も準備もしたように、きちんと死を迎えたふうでした。

珍しく暑い日でしたが、ダンナは丁寧に草を刈り、深く深く穴を掘ってくれました。
どうしてもはずせない用で女性陣は埋葬を済ませると出掛けてしまったのですが、
その合間にダンナはそこにチューリップの球根を植え、お線香をあげてくれました。

こんどは好奇心と生命力に溢れた輝く生を送れますように。
[PR]
by huuraiman | 2015-09-02 10:23 | 家 族
a0287278_18575197.jpg
チーム全員に挨拶して数分後 永眠
今度はハンディなしで生まれておいで

色々あるけど家長としてやるべきことやるだけ

永久欠番 6


ヤッパ キツイワ。

a0287278_18481383.jpg
合掌

[PR]
by huuraiman | 2015-08-31 18:59 | 家 族

あんこ なんとか元気

a0287278_20002901.jpg
ゲージの外に出す時は麻痺したままなので相変わらずオムツ
後足もまだまだ普通の状態には程遠い

オムツをすると糞尿で皮膚が荒れて痛がるので外の出した後は数日はゲージへ
a0287278_20002964.jpg
リハビリを兼ね3段になっているゲージで

餌と水は2段目に行かないととれないように工夫

ずーと外で自由にさせてあげたいんだけどね
ゲージ生活は嫌がらないんだけど外の方が良いに決まってるしね

a0287278_20002939.jpg



[PR]
by huuraiman | 2015-04-19 20:10 | 独り言

回復傾向

自分でご飯も食べれるようになり量も増えてきた
右足も少しづつ使うようになってきて
今日の診察で薬も減らしてみましょうと
なんか峠は越したような感じ♪
a0287278_20385340.jpg

左足はまだまだ麻痺しているけど少しづつ動いているような
凄い回復力に驚いています。

当初は自分の力のなさを痛感したり
せっかく愛知から連れてきてくれた妹夫婦への罪悪感
そして
こちらのテンポとの違いから病院への不信感
心の中では

「何を悠長なこと言うとんねん!」
「金なんかなんぼかかっもええねん!」
「はよ手術でも投薬でもせえや!」
「見放してるんか!」

助けたい一心で今から思えば失礼な物言いをしたようなしてないような・・

さすがはプロ!今ではあなたの考えは正しいと思います。反省


治るにこしたことはないけど障害が残っても
家族は出来ることなんでもするから幸せに寿命をまっとうしてくれることを願うばかりです







[PR]
by huuraiman | 2014-11-18 21:07 | 家 族

複 雑

自分で餌を食べだしたのでチューブも外してもらった
日に日に良くなってきているのならいいけど


金銭的にも精神的にも消耗させ

下の世話もして
餌の工夫して
良かれと思うことは試し

夫婦で献身的にしていても
本人にしてみれば嫌なことをする大人・・

甘えた態度で子供たち接する態度に
後足が動かないくせに
オムツを替えようとすれば
虫のように逃げて行く
目が合うと逃げていく・・

イラっ!!

a0287278_21133976.jpg
おまえ 死んでんのかよ!






[PR]
by huuraiman | 2014-11-14 21:35 | 家 族

健気に

今まで兆候やおかしな行動はなかったけど今回の入院で分かったのだが 
どうやら横隔膜ヘルニアらしい
おそらく先天的なもので今回の件とは関係がうすいらしいのだが
思い当たる節は食が細いのはこの影響だったのかな
餌を催促するのにガツガツとは食べず少しづつ回数多く食べる
元々そんなんで注射器で与える流動食で満足感があるのか
まだ口から固形物、水分をとる兆候が全くない

家に帰って暫くは寝室から出てこななかったけど
昨日あたりから大好きな姫たちに
前脚だけで後ろ脚を引きづりながらまとわりついてます 
はっきり言ってジャマ^^
姫たちも特別扱いせずに以前と変わらない対応で接してくれてます
彼女たちなりに何かを感じ学んでいるのかもしれません
a0287278_08424793.jpg

ストーブ前の特等席にズルズルと虫のように這いずっていき暑くなればまたズルズルと
a0287278_08424734.jpg
a0287278_08424767.jpg

好きなようにやりたいようにしてるなら大丈夫かな










[PR]
by huuraiman | 2014-11-11 18:59 | 家 族

 大変だった1週間

札幌出張中に同僚家族の不幸連絡から始まった怒涛の1週間
帰宅後、入浴後やっと座った途端 子供たちが恐怖を感じるほど

突然暴れだす  あんこ

パニック状態から助け出したが呼吸が荒くよだれを垂れ後足に生命感がなくなっていた。
夜間診療の病院に連絡するもダメで翌日早々病院に行きすぐ入院
最悪の事態もと伝えられる

あまり人間に依存しない猫だけどいないとそれは寂しいもので
入院してる間はなんとか助けたいと頭はそのことばかりでネットで関連症状など調べまくる
反して擬人化したりや安易に障害が残るようなことや苦痛がひどいなら安楽死もと・・・

1週間後、命の危機は脱出し第一段階は越え退院で自宅療養へ

下半身はまだ全く麻痺状態
a0287278_20362780.jpg


食事と水分は胃に直接鼻から入れたチューブに注射器で
a0287278_20362604.jpg

糞尿も神経が麻痺しているのでオムツ
久しぶりの赤ん坊です
a0287278_21264188.jpg
a0287278_20362789.jpg
a0287278_20362756.jpg

ただ後ろ足が動かないだけ
飲み食いがままならないだけ
懸命に生きてます
彼女の寿命は彼女が決めること





出張、告別式、あんこ入院

本日、女王様プチ手術




家長気張ろ。















[PR]
by huuraiman | 2014-11-10 21:45 | 家 族

秋 深まり

a0287278_16073230.jpg
ストーブ点火

どこにいてもわかるみたい




[PR]
by huuraiman | 2014-10-02 22:09 | 独り言

2007年東京脱出 6年間いろんな地を巡り 2013年念願の北海道に


by 紫夫婦
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30